スタッフの笑顔で溢れるお店を作る 神田 大漁旗都町店店長 2000年入社

Yoshie Kanda

大漁旗都町店 店長
 / 神田 善江

Interview
インタビュー


”スタッフの笑顔で
あふれるお店を作る”

あなたの仕事内容、役割を教えてください。

 お客様が楽しんで帰ってもらえるように、精一杯おもてなしをすること!!ですかね。その為には、「スタッフも楽しんで仕事ができるよう気遣う事」も、店長の仕事の1つと考えます。料理長と一緒に、お店全体の雰囲気を良くしていきたいです。

あなたの仕事の魅力、やりがいは何ですか?

 接客、人と話すことが好きなので、お客様が楽しんで帰ってくれた時に感じる嬉しい気持ちが、この仕事の魅力だと思います。2回、3回と繰り返しご来店して頂けるよう工夫することが、やりがいだと感じています。

八條の魅力を教えてください。また、選んだ理由は何ですか?

 若かりし頃、自分のお店を持ちたいという夢があり、求人雑誌で独立支援をしている八條に惹かれ、入社しました。パソコン苦手、知識ゼロからのSTARTなので、いろいろ大変ですが、みんなやさしく教えてくれるので、助かっています。何より社長と専務がおもしろいっ!!

入社して、一番心に残るエピソードを教えてください。

 接客は好きですが、クレーム処理は苦手なんです。私たちのミスでお客様を怒らせてしまったことがあり、ホール責任者である私が対応したのですが、対応しきれず、上司を呼び、対応してもらいました。くやしかったですね。クレーム時の対応を、勉強させていただきました。クレームが無いのがイチバンなんですけどね(笑)

あなたの八條でのビジョンを教えてください。将来どんなキャリアを積みたいですか?

 若かりし頃に持っていた、自分のお店を持ちたい!という夢、今でも、頭の片隅にあります。その為に必要な知識、経験など勉強しないといけない事は多数あるのですが、とりあえず日々生まれてくる仕事をきちんとこなしていくよう心がけています。

「新しい価値観、新しい感動で街を変える」経験、工夫、努力していることを教えてください。

 今がまさにそうですね。ドリンク開発という業務をやらせてもらうことになり、最初に完成したのが、ワインを使ったハイボール“ワイボール”という飲み物です。大分の八條を発信元に、全国にこのワイボールという言葉(飲み物)が広まればうれしいです。常に新しいことに取り組んでいけるよう、Google先生は頼もしい味方です(笑)。

八條に入社して学んだことは何ですか?

 人に教える難しさを学びました。今までは教えてもらう立場だったのですが、今は後輩やアルバイトに教え、指示を出す立場になっています。分かるだろうと教えてなかったことで、ミスにつながったり、思うように伝わらなかったりなど…日々学ばせていただいてます(笑)。

いま、あなたが(あなたの事業部で)チャレンジしていることは何ですか?

 ドリンク開発部の一員に選んでいただいたので、何かお役に立てればと思っています。“新しい価値観、新しい感動”で街を変えられるような(笑)ドリンクを開発してけたらなと思っています。大変なのは原価・お店のコンセプト、オペレーションも考えないといけないというところです。これはチャレンジですな!!

Messaage for Job Seeker
求職者へのメッセージ

 パソコンが苦手、知識がゼロ、ALLオッケーです。私もそうでしたから。でも今では、店長という立場で働かせてもらってます。分からない事は、分からないで、その時に学べばいいんです!!楽しい職場で、いろんなことにチャレンジしていきませんか。

schedule
神田店長の一日


10:00 起床

夜が遅い分、朝はゆっくり。シャワーで目を覚まし、テレビを見ながらゆったり出勤準備をします。

13:00 出勤

さっそく店内の掃除を始めます。

14:30 仕込み

厨房に入り、仕込みを手伝います。

16:00 休憩

ちょっと一息。この間に、スタッフと一緒にまかないもいただきます。

17:00 大漁旗都町店OPEN

料理提供、片付け、テーブルセッティングなどなど。営業中は、店長として、お店全体に目を配ります。

25:00 大漁旗都町店CLOSE

片付けを終え、26:00には退勤します。